2015/10/30

裏山ブッシュクラフト - #29 トライスティック (# 29 Try stick)

すっごく久々の裏山シーリーズ、今回はトライスティックをじっくりと取り上げてみました。

これを取り上げたキッカケがありまして、G+上のコミュニティー、ブッシュクラフトジャパンの4月課題でこれを作ったわけですが、その時に気がついたのが、「そういえば取り上げてなかったなぁ・・・」っと。

で、コハンスキーによってブッシュクラフト界ではとても有名となったこのトライスティックですが、これ自体はキャンプやトレッキングで何の役にも立ちませんw

しかし、これに挑戦することはとても有益であります。

一本の棒へ様々な切込みを入れるだけなのですが、実はそれぞれの切れ込み(ノッチと言います)はブッシュクラフト術にて必要となってくるものばかり。それらを切る練習をしておくことでナイフ術も上達する。
また、ノッチに慣れたらこのトライスティックを作ることで、使用した刃物で出来ること、出来ないことを見極めるのテストにる。

と言うわけで、今回は最も一般的なノッチをピックアップしまして、その切り方と利用方法を動画にまとめてみました。
動画自体は役40分もあります。人によって興味あるノッチが違うと思いますので、動画詳細欄に各ノッチへのジャンプリンクを張ってあります。見たい部分へジャンプしてご覧ください。



↓↓↓↓↓↓今回ピックアップしたノッチのリストはこちら↓↓↓↓↓↓


1-   ブランと・エンド(面取り)Blunt end   1:30
2-   テントペグ     Tent peg        2:35
3-   Vノッチ         V notch         4:35
4-   ラッチ・ノッチ   Latch notch   6:22
5-   サドル・ノッチ  Saddle notch   9:08
6-   ポットフック・ノッチ  Pot hook notch 10:51
7-   角棒削り/スクエアー・リダクション Square reduction 13:14
8-   V字溝切り  Beveled edge cut  15:36
9-   紐留め Lashing cross 17:11
10-  丸棒削り/ラウンド・リダクション Round reduction 19:45
11-  対称削り Symetrical thinning 22:20
12-  弦溝(筈) Bow notch 24:37
13-  蟻溝 Dove tail (♀) 26:31
14-  蟻溝  Dove tail (♂) 29:02
15-  角穴  Hole through stick 31:17
16-  やじり留め Notch for spearpoint 34:44
17-  皮むき Root stripper 37:50






ちなみに、コハンスキー先生の教えでは、「1ノッチ平均1分以内で切れるように!」との事です。











2015/09/05

新作2本

販売用ワンオフナイフ2本完成しましたのでお知らせと紹介です。ご購入希望、詳細等のお問い合わせはメール(bushnblade.sales@gmail.com)、もしくはBush n' Blade のHPよりお願いいたします。

先ずはこちらの一本。Iso Puukko(大きいプーッコ)
問 Info>https://sites.google.com/site/bushnbladeshop/sale
刃渡り: 139 mm
刃厚: 5.1 - 5.4 mm (ティップヘビー)
元幅 : 30 mm
柄長: 126.7 mm
鋼材: C 0.9 / Si 0.2 / Mn 2.0 / Cr 0.4 / V 0.1
柄: 縮れ樺・真鍮
スペーサー: 白樺樹皮
柄金具: 真鍮・銅
シース : 牛革


と、こんな感じのスペックです。
で、この大きさでなぜ『レウク』としなかったのか?理由は、大型のプーッコをレウクのスタイルで仕上げた一本だからです。とてもレウクに近い形のブレードですが、基本的にプーッコのブレードを大きくした感じ。こうすることでプーッコの感覚で更にヘビーな仕事もこなせるのが狙いです。
ブレードプロファイルは幅広ながらも回し易い様わずかにダイヤモンド+ベベルは薄いコンベックスにすることで、プーッコの切れとレウクのタフさを持たせてあります。
タングは伝統的な柄を貫通するスティックタングですが、刃に近い方は私のプーッコらしく幅がとても広いです・・・(見えませんがw)。
ブレードの仕上げは使用傷が目立ち難い打ち肌仕上げに実用磨きとなっております。

ちなみにこちらのナイフ。フェイスブック上でのナイフメイキングコンペにて5位をいただきました。応援、投票してくださった方々、ありがとうございます。


そして2本目はこちらのFiresteel & Knife combo(ファイヤースチール&ナイフコンボ)
問 Info>https://sites.google.com/site/bushnbladeshop/sale
刃渡り: 48 mm
Blade thickness(刃厚): 3mm
元幅 : 16 mm
柄長 : 90 mm
鋼材: C 1% tool steel
柄: スパルテッドバーチ
ファイヤースチール: フェロセリウムロッド&スパルテッドバーチ
シース: 牛革
紐): トナカイ皮 約60cm(周)
 




フェロセリウムロッドと小型ナイフを一つに収めたコンボナイフです。
シースはカウハバなどの伝統的なプーッコのシースに見られるタンデムシースを取り入れ、カウハバ調のデコレーションでアクセサリー感も出してみました。通常のナイフ+フェロセリウムの組み合わせとは一味違った形状ですので面白いかと思います。

ネックナイフ式ですので携帯し易く、また、下げ紐は金具でで簡単に長さ調節を行えます。
コンボナイフですのでナイフの背はエッジを立て、フェロセリウムロッドのストライカーとして使用できます。また、フェロセリウムロッドは火花を飛ばし易い物である事にこだわって探し、ライトマイファイヤーと同等の使い心地の物を採用してあります。

2015/08/22

Ilmajoen hattutuppi puukko (イルマヨエン・ハットゥ・トゥッピ・プーッコ)

プーッコとひとくくりに呼んでますが、実は色々な種類のプーッコがあります。
今回紹介するのはその中でも特に一風変わったプーッコ、Ilmajoen hattutuppi puukko (イルマヨエン・ハットゥ・トゥッピ・プーッコ)。

名前の意味ですが、イルマヨキの帽子シースプーッコ、となります。理由は単純。シースに帽子が付くからですw
この感じだとネックナイフかと思われますが、れっきとした腰下げ。

プーッコのタイプとしては実用プーッコ(ペザント・プーッコ)の部類で、ナイフ本体のパーツは柄とブレードの2パーツのみで構成されてます。
柄とブレードの境、刃が柄に入りきってないような作りですが、これは掃除や研ぎなどのメンテナンスをし易くする為。決して柄に入れられなかった失敗ではないですよーw

本体がシンプルな分シースの装飾は質素に凝るのが伝統的。パターンマーキングにて作者の個性を注ぎ込む、見所の一つとなります。

写真は私が伝統プーッコの文化、様式、技法を学ぶ為に習って作ったもの。
刃がガッツリ磨かれてますが、これはテンパーライン見たさに磨いたから、本当は削り傷残ったままが正統です。

<スペック>
刃渡り:122mm
刃厚:47mm〜37mm
柄: 白樺古木材(通常の白樺よりもかたいです)



2015/08/15

変り種、コレクター向けプーッコ


変り種、コレクター向けプーッコになりますが面白いかなぁと思いますので紹介です。

ポヒヤンマースタイルのプーッコです。



カウハバスタイルのシースにレウクスタイルのブレードと変な組み合わせです。

全くカテゴリが違う様に見えるこの2本、実は同じカテゴリのプーッコです。



???と思いますか?

←この写真を見ていただければ納得かと思いますが、実はこの2本、ミニ・プーッコと呼ばれるカテゴリの物です。





ミニ・プーッコ、その名の通りミニチュアサイズのプーッコで大体マッチ棒位の大きさです。で、このミニ・プーッコ、面白いことに結構歴史があり、古い物が時々出てきて、良い物はコレクターの間で中々の値で取引されます。

で、何故こんな小さなプーッコにコレクターの人気が集まるか?
先ず、この大きさですがその作り方は手抜き無しで、通常サイズを作る時と同じ作り方をするからです。
これはどうやら、昔カウハバ辺りの鍛冶屋が、面白半分の腕自慢に作ったのが始まりらしい・・・と言うのが説で、古い物を見るとその造りの精巧さには感激します。
そして理由2は『腕自慢』に作った物なので数がとても少ない!1本か2本作って「どうだ!!」と自慢したらおしまいなのでその後は作らないわけです。
これだけでもコレクターを熱くさせる理由になるのですが、これに加えて、これらのプーッコには通常銘が打たれていない。これが『面白半分』の部分らしく、出来から誰の仕事か当ててみろ!と言う事らしいです。

そうなればコレクターは勿論アーデモナイこうでもないと推測し合うわけです。粋ですねぇ、昔のプーッコ鍛治w

これらのプーッコの見所ですが
・その小ささ
・精巧さ
・作者当てクイズw
の3点となります。

 

ちなみに今回写真に写っている物ですが、ポヒヤンマースタイルの物は私の作。真面目に鍛造でベベル出しまで打って作ってますし、まともに切れます。
レウクスタイルの方はあのラウリ・ブレードのLauri(ラウリ)作です。レウクスタイルの物はお土産用量産ミニ・プーッコなのでかなりの量が出回ってます。

2015/08/08

サーミのナイフuuna-niibas(ウーナ・ニーバス)


サーミナイフだとかサーメプーッコなどと呼ばれるナイフですが、それは南の人間の呼び方で、日本本土の人がマキリをアイヌ小刀と呼ぶのと同じ。オリジナルの名前はuuna-niibas(ウーナ・ニーバス)です。


その装飾がとても北方民族の物独特で、プーッコでありながら他のプーッコとは一線を介している存在。また、その作り手も少ないのが現状。
と言うのもこのプーッコ、実はその伝統がフィンランドでは一度死に絶えかかった時期があったのだとか・・・で、
今回はその時、復活に尽力を尽くされた先生に習う機会がに恵まれました。


通常プーッコには、何がプーッコなのか?という定義は無い・・・とうか、あまりはっきりと定義できないのですが、そのプーッコに含まれるこのウーナ・ニーバスに関してはハッキリと線引きがあります。

・刃以外、主要部品は白樺とトナカイから採れた物を材にする
  これは単純にラップランドでは他の材料の入手が難しいため。

・使用する金具は銀色であること
  これは重要なポイントで、伝統的にサーミ人の装飾品は銀色。なので、そこに真鍮などの金色を持ってくるとコーディネートが崩れてしまうわけですw

・シース全体を革で覆わない。刃の収まる部分はトナカイの角で作るのが基本です。


このプーッコの見所はやはり柄とシースに彫られた模様。この模様はトナカイの角で出来た部分へ傷をつけるのではなく、チップカービングの要領で実際に模様を彫りこみ、そこへ墨を入れて作り出します。
色は2色、煤で入れる黒とハンノキの樹皮から作る染料で入れる茶色。珍しい物には白黒反転し、全体を黒く着色した後に彫り、線を白く出したものもあります。

模様以外の見所は形。特にシース下部の曲がりと、柄尻の形状の美しさ。柄尻の形状の美しさは作者の個性とセンスが問われる部分で、比べてみるとその違いが良く解ります。
シースの曲がりは、角の自然な曲がりを上手く利用して整形するので、その自然な美しさを上手く見極めて残すセンスが必要となります。ちなみに、右利きシースは右の角から、左は左の角から作ります。これは、シースにした時、その自然な曲がりのために、逆に使うととても座りの悪いものとなるためです。



写真は、私が習いながら作った物ですので美しくない部分が多く、あまりサンプルには向かないかもですが、ウーナ・ニーバスを呼べるような出来にはなってます.

2014/03/18

裏山ブッシュクラフト #22 タープシェルター (Tarp Shelter)

裏山ブッシュクラフト、今回はタープシェルターの紹介です。

タープをシェルターとして使うので『タープシェルター』と呼ばれますが、これはオープンシェルターの部類になります。シェルターとしては最も原始的といいますか、最もシンプルで基本的なシェルターです。しかし、ドーム型テントが主流になっている現代、敷居の高いサバイバルなシェルターになってしまっているようです。

今回紹介したいのは色々あるタープ中でも3mx3mの物です。このタープ、フィンランドでは特にErätoveri(エラトヴェリ)もしくはETと呼ばれます。Erätoveriとは訳すとウィルダネス・コンパニオン(荒野の相棒w)の意味になり、つまりは『これさえあれば寝る場所に困らんぞ!』というすごいシェルなのです。

で、何がすごいのか?といいますと・・・
>多様な形のシェルターを組めるので、気分や状況に合わせて都合の良いシェルターを設営できる。
>パッキング時のサイズが小さく軽い。
>ペグや支柱などは基本現地調達。
>メンテナンス、修理が簡単。
等々あります。

が、
>基本オープンなのでプライバシーの確保が難しい。
>使い方をよく理解していないないと悲惨なキャンプ体験となる。
等の不便な点もあります。


タープシェルターの張り方色々>
ETシェルターは本当に多くのパターンで張ることが出来ます。その一部ですが、私が実際に利用したことのある張り方で、実用的な張り方をいくつかここで紹介しておきます。



  • 写真内のシェルターモデルは1/10サイズ(30cmX30cm)です。
  • 黒い棒のような物は人のモデル、長さ20cmです。
  • それぞれの張り方の名前も紹介しておりますが、必ずしも正しい名前、通名で無い場合があります。







ダイヤモンド
最も基本的な張り方で、設営が簡単です。
2人+荷物少々のスペースがあります。
設営に必要なスペースが広く、使えない床面積が大きいのが問題です。

水平に、空中に浮かすように張ると、ダイヤモンドフライとなります。

風向きに平行となる様に設営します。




ペグは、タープの底辺が地面に出来るだけ密着するように打ちます。隙間があると風が集中して抜けるので寒くなります。

頂点1は出来るだけ高く固定します。低いとタープの水はけが悪くなり、また、内部空間に余裕がなくなります。

ポイント19をロープなどで引き、ボリュームを持たせるのも良い方法です。

写真のモデルは基本形なのでそうしてありませんが、ポイント9は内側に折り込んだほうが良いです。




ロウエ
 

私の自作タープで可能な形ですが、お勧めなので紹介しておきます。
フィンランドのオープンシェルターLoueと合わせて使うことが出します。
ダイヤモンド型より設置面積が狭く、床の殆どが有効面積となります。
風向きと平行に設営します。
1人+荷物のスペースがあります。2人も可能ですが窮屈です。
ダイヤモンドとの違いは、半円錐形になることです。



20,21,22のペグは、タープの底辺が地面から10cmから15cm浮くように、ガイラインを追加して打ちます。
底辺に隙間が出来ないように気おつけます。

頂点1は出来るだけ高く固定します。低いとタープの水はけが悪くなり、また、内部空間に余裕がなくなります。

ポイント19をロープなどで引き、ボリュームを持たせるのも良い方法です。





ロウエ(前フラップ付き)
ロウエのバリエーションです。
基本的にロウエと同じですが、フラップが付くことで、シェルター内の保温性が良くなります。また、頂点が低くなり、ハーフティーピーに近くなりますので、風にも強くなります。







ポイント17が頂点になります。
ポイント1,2,16はまとめて地面、木などへ固定します。









ロウエ(ハーフサイズ)
もう一つロウエ型ですが、こちらはタープ半分をグランドシートとして使えるので紹介しておきます。
一人が限界の大きさです。一泊に使うには少々窮屈です。短時間の利用、荷物置き場用等の使い方が良いかと思います。






1を頂点とし、19は地面から10cm~15cm浮くように、ガイラインを追加して打つとスペースが少し広くなります。










アローヘッド
もう一つタープの一部をグランドシートとして使えるシェルターを紹介。
一人が限界の大きさです。一泊に使うには少々窮屈です。短時間の利用、荷物置き場用等の使い方が良いかと思いますが、設営はとても簡単です。

風向きに平行もしくは斜め後ろから、となる様に設営します。形的に錯覚を起こしやすいので、設営時の風向きに対する角度設定に気おつけてください。



ポイント1が頂点になります。
ポイント5&9はまとめて一本のペグ。
ポイント6&8もまとめて一本のペグ。















リーンツー(フラップ付)
リッジランが必要となるので丈夫な支柱二本が必要になります。
1人+荷物のスペースがあります。2人も可能ですが窮屈です。
床すべてが有効面積です。
前屋根が大きく出ますので焚き火を雨から守り易いです。
ロングファイヤーと併せると、とても効果的にシェルター内を暖められます。

風向きに平行となる様に設営します。



ポイント3と15はリッジラインに固定します。

ポイント1は紐で地面や木などに固定します。また、頂点1はリッジラインより低くなる様にしてください。水平付近だと雨水が溜まります。

ポイント19を使って更にボリュームを出すと良いです。








リーンツー
最もシンプルなリーツー型です。
4~5人くつろげます。
夜を過ごすためのシェルターとしてはお勧めしませんが、風除け、日よけとして使うには良いです。。

風は後ろから。
これに前から風が吹き付けるとかなりのストレスがかかります。支柱、リッジラインの紐は出来るだけ丈夫な物を選んでください。




ペグは打てるポイント全て(5~9)に打ちます。
リッジラインへの縛りつけも、使えるポイント全て(1、13~16)を使います。
ポイント19を使ってばたつきを抑えると更に良いです。









リーンツー(グランドシート付き)
リーンツーとほぼ同じですがシェルターの一部をグランドシートとして使います。

グランドシート部の大きさを調整することで1~2人ほど横たわれる広さがあります。




グランドシート部を小さくしたい場合はポイント4-10のラインで折ります。









Aフレーム

 最も良く知られたタープシェルターの形です。設営がとても簡単で、3人程がはいれる広いスペースがあります。

宙に浮かすように張り、ハンモック泊用のシェルターにするには良いですが、両側が開いてますので風抜けがよく寒いです。


モデル写真ではリッジラインがタープの下を通ってますが、タープの外に渡した方が雨水が伝わって浸入してくるのを防げます。

風は前か後ろからあたる様に設営します。











ぺナ・ラーブ(pena laavu)
フィンランドでよく見る変形ラーブ、ぺナ・ラーブ型です。片側だけですが閉じてますので保温量くは大きく上がります。
少々窮屈目の奥行きですが、2人入れます。

風は横から当たる様にすると入り口直前で焚き火が使えます。





後方部となる折り返し部分が少し面倒なシェルターです。














Aフレーム (閉鎖型








ここで紹介するもので、唯一プライバシーを確保できる形です。Aフレームの形から両側の裾を折りいれ、閉じることが出来ます。2人入れる広さがありますが、奥行きは窮屈です。


設営は、ポイント1と5、13と9を縛り合わせてから行うと張りやすいです。















張るときの注意点や、タープシェルターの使い方に関してはビデオ内で説明していますので、そちらをご覧ください。






2014/03/15

IWG week 16 - 27

IWGウィルダネスガイドスクールの記事、久しぶりのアップになります。年が明けてからというもの、本当に忙しかったです。インターシップ、ガイド試験の準備、スキートリップの準備、ネイチャーノリッジのテストなどなど次から次へと・・・
と、そんなわけで、第16週から26週分をまとめて紹介です。

昨年末は第一回目のインターンシップを、タンペレにある会社、Hiking Travel HITにてやらせてもらいました。仕事の内容は、雪中トレッキングに使うソリの製造。この会社はガイドの仕事の傍ら、このソリやカヌーなどを作っていまして、その工場にて2週間でした。

年が明けて学校に戻ってからはガイド試験となる24時間ツアーの準備そして一週間のスキートリップの準備。

24時間ツアー 
チームビルディングスポーツの火熾し競争
これは実際に商品を自分たちで開発、販売し、購入してくださったお客様をガイドする本番です。そして、このガイド中は2人の試験官が付き添い、サービスの内容とクオリティーを試験として評価されます。
提供したサービスはセイツェミネン国立自然公園内にある木こりのキャビンを利用した一泊二日のツアー。100年林業の手が入っていない森をネイチャーガイドし、チームビルディングスポーツなどのエンターテイメントも提供しました。
古い森を案内しながら、野生動物の話、森のエコサイクルなど様々な自然についての話をし。チームワークを高めるためのゲームとして、ウィルダネスでの基本技術を実践してもらう。お客様も私もとても楽しく過ごせた24時間となりました。
勿論、ガイド経験としてもとても有意義で、試験官からとても多くの評論をもらえたのは嬉しいことです。


夜の木こりのキャビン



スキートリップ
荷物運搬用のソリ。スェーデン軍の木製です。
元々は、もっと学校の近くでこのスキー実習は行われる予定だったのですが、今年フィンランドは本当に雪が無い!そこで仕方が無いので北へ車で11時間ほど移動し、Hossaにて行われました。これだけ車で北上して、やっと60cmほどの積雪。1m強が望みでしたが仕方がありません。





旅の内容はビデオの方を見てもらうとして、ここで紹介したしたいのは今回新しく加えた装備2点。

- ノキアンの長靴

今回の旅で使用した唯一の靴はこの長靴です。Sorelなど色々な冬用ブーツを使って来ましたが、はっきり言ってこの長靴が最高です!
ウール100%の1cm厚インナー、厚い靴底でとても暖かい。また、フォレストスキーのスキーブーツとしてそのまま使える。





- ETシェルター
このシェルターに関しては前回のアップで詳しく紹介していますが、こんかいの旅で実際に使ってテストできました。予想していたとうりの使いやすさ。熱反射も感じられ、大成功!という感じです。







"Hiking Travel HIT"でのインターンシップ

日没後の氷上カフェ.
スキー実習から戻り、休むまもなく第二期の実習に突入です。今回も同じ会社ですが、仕事の内容は全く違う物でした。
タンペレ、ネシ湖の灯台脇で氷上カフェを開いたり、ノルディックスケートのレンタルサービス、そしてスケートトレッキングのガイドなど、タンペレで楽しめるウィンタースポーツを色々と知る良い機会となりました。
また、ガイドアシスタントとしてスケートトレッキングに参加できた事は、プロのガイドの仕事を学べる機会でした。

それにしても氷は奥が深いです。毎日表情が変わり、同じ様な状態でもよく観察するとその構造の違いで丈夫さ大きく変わります。氷の割れ方を取ってみても様々あり、それらの状態から氷の安全性を予測する方法を勉強できたのは大きな収穫です。

スケートトレッキングの様子をビデオに収めることができましたのでリンクしておきます。本当にすばらしい景色を楽しめた日でした。