2014/03/18

裏山ブッシュクラフト #22 タープシェルター (Tarp Shelter)

裏山ブッシュクラフト、今回はタープシェルターの紹介です。

タープをシェルターとして使うので『タープシェルター』と呼ばれますが、これはオープンシェルターの部類になります。シェルターとしては最も原始的といいますか、最もシンプルで基本的なシェルターです。しかし、ドーム型テントが主流になっている現代、敷居の高いサバイバルなシェルターになってしまっているようです。

今回紹介したいのは色々あるタープ中でも3mx3mの物です。このタープ、フィンランドでは特にErätoveri(エラトヴェリ)もしくはETと呼ばれます。Erätoveriとは訳すとウィルダネス・コンパニオン(荒野の相棒w)の意味になり、つまりは『これさえあれば寝る場所に困らんぞ!』というすごいシェルなのです。

で、何がすごいのか?といいますと・・・
>多様な形のシェルターを組めるので、気分や状況に合わせて都合の良いシェルターを設営できる。
>パッキング時のサイズが小さく軽い。
>ペグや支柱などは基本現地調達。
>メンテナンス、修理が簡単。
等々あります。

が、
>基本オープンなのでプライバシーの確保が難しい。
>使い方をよく理解していないないと悲惨なキャンプ体験となる。
等の不便な点もあります。


タープシェルターの張り方色々>
ETシェルターは本当に多くのパターンで張ることが出来ます。その一部ですが、私が実際に利用したことのある張り方で、実用的な張り方をいくつかここで紹介しておきます。



  • 写真内のシェルターモデルは1/10サイズ(30cmX30cm)です。
  • 黒い棒のような物は人のモデル、長さ20cmです。
  • それぞれの張り方の名前も紹介しておりますが、必ずしも正しい名前、通名で無い場合があります。







ダイヤモンド
最も基本的な張り方で、設営が簡単です。
2人+荷物少々のスペースがあります。
設営に必要なスペースが広く、使えない床面積が大きいのが問題です。

水平に、空中に浮かすように張ると、ダイヤモンドフライとなります。

風向きに平行となる様に設営します。




ペグは、タープの底辺が地面に出来るだけ密着するように打ちます。隙間があると風が集中して抜けるので寒くなります。

頂点1は出来るだけ高く固定します。低いとタープの水はけが悪くなり、また、内部空間に余裕がなくなります。

ポイント19をロープなどで引き、ボリュームを持たせるのも良い方法です。

写真のモデルは基本形なのでそうしてありませんが、ポイント9は内側に折り込んだほうが良いです。




ロウエ
 

私の自作タープで可能な形ですが、お勧めなので紹介しておきます。
フィンランドのオープンシェルターLoueと合わせて使うことが出します。
ダイヤモンド型より設置面積が狭く、床の殆どが有効面積となります。
風向きと平行に設営します。
1人+荷物のスペースがあります。2人も可能ですが窮屈です。
ダイヤモンドとの違いは、半円錐形になることです。



20,21,22のペグは、タープの底辺が地面から10cmから15cm浮くように、ガイラインを追加して打ちます。
底辺に隙間が出来ないように気おつけます。

頂点1は出来るだけ高く固定します。低いとタープの水はけが悪くなり、また、内部空間に余裕がなくなります。

ポイント19をロープなどで引き、ボリュームを持たせるのも良い方法です。





ロウエ(前フラップ付き)
ロウエのバリエーションです。
基本的にロウエと同じですが、フラップが付くことで、シェルター内の保温性が良くなります。また、頂点が低くなり、ハーフティーピーに近くなりますので、風にも強くなります。







ポイント17が頂点になります。
ポイント1,2,16はまとめて地面、木などへ固定します。









ロウエ(ハーフサイズ)
もう一つロウエ型ですが、こちらはタープ半分をグランドシートとして使えるので紹介しておきます。
一人が限界の大きさです。一泊に使うには少々窮屈です。短時間の利用、荷物置き場用等の使い方が良いかと思います。






1を頂点とし、19は地面から10cm~15cm浮くように、ガイラインを追加して打つとスペースが少し広くなります。










アローヘッド
もう一つタープの一部をグランドシートとして使えるシェルターを紹介。
一人が限界の大きさです。一泊に使うには少々窮屈です。短時間の利用、荷物置き場用等の使い方が良いかと思いますが、設営はとても簡単です。

風向きに平行もしくは斜め後ろから、となる様に設営します。形的に錯覚を起こしやすいので、設営時の風向きに対する角度設定に気おつけてください。



ポイント1が頂点になります。
ポイント5&9はまとめて一本のペグ。
ポイント6&8もまとめて一本のペグ。















リーンツー(フラップ付)
リッジランが必要となるので丈夫な支柱二本が必要になります。
1人+荷物のスペースがあります。2人も可能ですが窮屈です。
床すべてが有効面積です。
前屋根が大きく出ますので焚き火を雨から守り易いです。
ロングファイヤーと併せると、とても効果的にシェルター内を暖められます。

風向きに平行となる様に設営します。



ポイント3と15はリッジラインに固定します。

ポイント1は紐で地面や木などに固定します。また、頂点1はリッジラインより低くなる様にしてください。水平付近だと雨水が溜まります。

ポイント19を使って更にボリュームを出すと良いです。








リーンツー
最もシンプルなリーツー型です。
4~5人くつろげます。
夜を過ごすためのシェルターとしてはお勧めしませんが、風除け、日よけとして使うには良いです。。

風は後ろから。
これに前から風が吹き付けるとかなりのストレスがかかります。支柱、リッジラインの紐は出来るだけ丈夫な物を選んでください。




ペグは打てるポイント全て(5~9)に打ちます。
リッジラインへの縛りつけも、使えるポイント全て(1、13~16)を使います。
ポイント19を使ってばたつきを抑えると更に良いです。









リーンツー(グランドシート付き)
リーンツーとほぼ同じですがシェルターの一部をグランドシートとして使います。

グランドシート部の大きさを調整することで1~2人ほど横たわれる広さがあります。




グランドシート部を小さくしたい場合はポイント4-10のラインで折ります。









Aフレーム

 最も良く知られたタープシェルターの形です。設営がとても簡単で、3人程がはいれる広いスペースがあります。

宙に浮かすように張り、ハンモック泊用のシェルターにするには良いですが、両側が開いてますので風抜けがよく寒いです。


モデル写真ではリッジラインがタープの下を通ってますが、タープの外に渡した方が雨水が伝わって浸入してくるのを防げます。

風は前か後ろからあたる様に設営します。











ぺナ・ラーブ(pena laavu)
フィンランドでよく見る変形ラーブ、ぺナ・ラーブ型です。片側だけですが閉じてますので保温量くは大きく上がります。
少々窮屈目の奥行きですが、2人入れます。

風は横から当たる様にすると入り口直前で焚き火が使えます。





後方部となる折り返し部分が少し面倒なシェルターです。














Aフレーム (閉鎖型








ここで紹介するもので、唯一プライバシーを確保できる形です。Aフレームの形から両側の裾を折りいれ、閉じることが出来ます。2人入れる広さがありますが、奥行きは窮屈です。


設営は、ポイント1と5、13と9を縛り合わせてから行うと張りやすいです。















張るときの注意点や、タープシェルターの使い方に関してはビデオ内で説明していますので、そちらをご覧ください。






2014/03/15

IWG week 16 - 27

IWGウィルダネスガイドスクールの記事、久しぶりのアップになります。年が明けてからというもの、本当に忙しかったです。インターシップ、ガイド試験の準備、スキートリップの準備、ネイチャーノリッジのテストなどなど次から次へと・・・
と、そんなわけで、第16週から26週分をまとめて紹介です。

昨年末は第一回目のインターンシップを、タンペレにある会社、Hiking Travel HITにてやらせてもらいました。仕事の内容は、雪中トレッキングに使うソリの製造。この会社はガイドの仕事の傍ら、このソリやカヌーなどを作っていまして、その工場にて2週間でした。

年が明けて学校に戻ってからはガイド試験となる24時間ツアーの準備そして一週間のスキートリップの準備。

24時間ツアー 
チームビルディングスポーツの火熾し競争
これは実際に商品を自分たちで開発、販売し、購入してくださったお客様をガイドする本番です。そして、このガイド中は2人の試験官が付き添い、サービスの内容とクオリティーを試験として評価されます。
提供したサービスはセイツェミネン国立自然公園内にある木こりのキャビンを利用した一泊二日のツアー。100年林業の手が入っていない森をネイチャーガイドし、チームビルディングスポーツなどのエンターテイメントも提供しました。
古い森を案内しながら、野生動物の話、森のエコサイクルなど様々な自然についての話をし。チームワークを高めるためのゲームとして、ウィルダネスでの基本技術を実践してもらう。お客様も私もとても楽しく過ごせた24時間となりました。
勿論、ガイド経験としてもとても有意義で、試験官からとても多くの評論をもらえたのは嬉しいことです。


夜の木こりのキャビン



スキートリップ
荷物運搬用のソリ。スェーデン軍の木製です。
元々は、もっと学校の近くでこのスキー実習は行われる予定だったのですが、今年フィンランドは本当に雪が無い!そこで仕方が無いので北へ車で11時間ほど移動し、Hossaにて行われました。これだけ車で北上して、やっと60cmほどの積雪。1m強が望みでしたが仕方がありません。





旅の内容はビデオの方を見てもらうとして、ここで紹介したしたいのは今回新しく加えた装備2点。

- ノキアンの長靴

今回の旅で使用した唯一の靴はこの長靴です。Sorelなど色々な冬用ブーツを使って来ましたが、はっきり言ってこの長靴が最高です!
ウール100%の1cm厚インナー、厚い靴底でとても暖かい。また、フォレストスキーのスキーブーツとしてそのまま使える。





- ETシェルター
このシェルターに関しては前回のアップで詳しく紹介していますが、こんかいの旅で実際に使ってテストできました。予想していたとうりの使いやすさ。熱反射も感じられ、大成功!という感じです。







"Hiking Travel HIT"でのインターンシップ

日没後の氷上カフェ.
スキー実習から戻り、休むまもなく第二期の実習に突入です。今回も同じ会社ですが、仕事の内容は全く違う物でした。
タンペレ、ネシ湖の灯台脇で氷上カフェを開いたり、ノルディックスケートのレンタルサービス、そしてスケートトレッキングのガイドなど、タンペレで楽しめるウィンタースポーツを色々と知る良い機会となりました。
また、ガイドアシスタントとしてスケートトレッキングに参加できた事は、プロのガイドの仕事を学べる機会でした。

それにしても氷は奥が深いです。毎日表情が変わり、同じ様な状態でもよく観察するとその構造の違いで丈夫さ大きく変わります。氷の割れ方を取ってみても様々あり、それらの状態から氷の安全性を予測する方法を勉強できたのは大きな収穫です。

スケートトレッキングの様子をビデオに収めることができましたのでリンクしておきます。本当にすばらしい景色を楽しめた日でした。



  





2014/01/26

22点3X3mタープ

あと2週間ほどで1週間スキーキャンプがやってきます。そこで、冬用のギアを更新中なのですが、その内の一つ冬用シェルターを今回は紹介します。

今までDD hammockの3X3mタープを使ってきて、数点満足できない部分がありましたのでその改善も兼ねます。


先ずは設営時の問題、この写真(右)の様にダイヤモンド型に張ることが一番多いのですが、
・ Loueと併せると高さなどがチグハグになりすぎる。
・ 設営にとても広い場所を必要とする。
・ ピッチ角を推定し難いため設置に時間がかかることがある。
・ 頂点が高いため、適度な支柱を探すのに苦労する。

そしてタープの素材の問題。
・ 薄くて軽いが、その代わり熱がほぼ筒抜けっぽい事が問題=寒い。


これらの問題は、夏ならあまり気にはならないのだが、冬だと色々な弊害を起こしそうなので解決したいわけです。


そこで22点3X3mタープを作ってみました!


熱反射素材が裏に加工されたシェルター用生地を使って22点のポイントを設けてあります。基本はDDの物と同じなのですが、3点追加することによってLuoeに更に近い形に張る事が出来ます。
赤丸がLoue用に追加したポイント。Loue形に張る場合は青線で折ります。
で、これによって何が、どう解決するのか?

・ 薄くて軽いが、その代わり様々な光線が抜けてしまう
  →熱反射素材を使っているので、よく反射する=内側暖かい。
 
・ Loueと併せると高さなどがチグハグになりすぎる。
  →頂点用ポイントを追加したので、ピッチを代えずに頂点を低く取れる=Loueとほぼ同じ高さ。

・ 設営にとても広い場所を必要とする。
  →底辺に専用を追加したので裾を伸ばさなくてもペグ打てる=場所狭くても張れる。

・ ピッチ角を推定し難いため設置に時間がかかることがある。
  →底辺に専用を追加したので自然と良い位置に落ち着く。

・ 頂点が高いため、適度な支柱を探すのに苦労する。
  →頂点用ポイントを追加したので頂点を低く取れる。

そしてもう一つ、偶然出来てしまった物だが、シェルター入り口上部の前屋根。これが出来るのは嬉しい誤算で雨よけ効果ではなく熱のシェルター内への保持力向上が期待できそう。
この折り返しがあることで上に上がった熱がそのまま抜けずにある程度留まることになる。そして、空気の流れもこの折り返しのために押し戻されるので、温まった空気がシェルターの内側を循環するようになる・・・はずである・・・

この前屋根構造はLaavu型にみられる構造で、保温力に大きく差が出るらしい。









と、まあ良いことずくめな計画ですが、実際使ってみるとどうなるのか???2週間後、-30度下で試して来る予定です。












2014/01/24

IWG week 14 & 15とIWGレウク-フィールドテスレポート02

皆様あけましておめでとうございます。予定よりとても遅くなってしまいましたが、2014年の初アップです。

2013年は大忙しの年となり、ブログやビデオのアップ量がとても少なくなってしまったのが残念に思います。が、ナイフやアウトドア関係での新しい繋がりができたり、新しいことを始めたりと色々実りの多い年となりました。
また、私の作ったナイフを購入、注文してくださった方々、本当にありがとうございました。この出来事は大きく励みになり、昨年だけでなく今年への活力ともなっております。



さて、2014年の記事初めは、昨年末の学校での活動報告と、内容が重なりますのでIWGレウク-フィールドテスレポート02もまとめて一つの記事でアップします。

ウィルダネスガイドの持つ道具といえばやはりナイフ。とても重要な道具ですので、それなりによく理解しておく必要があります。そこでIWGでは「とりあえず一本作ってみよう」というしゅうがありました。ナイフを作ることで、基本的な木、革、金属の加工方法も学びましょう!が目的。

先ずはセオリーから。「ナイフは何からで作られていますか?」の質問・・・はっきり言ってまじまじと考えたこともなっかたです。鋼、木、プラスチック、真鍮、骨、角、革等々様々な材料が使われているわけで、それだけを取ってみてもナイフ作りは興味深いです。
その後なぜ鋼を使うのか?鋼とは何か?等基本的なことを学び各自それぞれのデザイン描き作業に入りました。
私は事前に作りたいものが決まっていたのでそれを作ることに。レウクでの反省点と改善策を早速織り込み、IWGレウクよりも取り回しの良いサイズをデザインです。

鍛造と削り作業が完了した物。

ナイフの作り方としてはそれほど学ぶことはありませんでしたが、鍛造する事に関しては多くを学べました。同じ事をやるにももっと効率よく、そしてベターな結果になるような鎚使い、加熱方法、手早い伸ばし方などなど、実際に見てみないと学べない部分は多いですね。今まではネットの情報が先生でしたのでとても有意義な授業でした。


そして、これが今回完成したもの。IWGプーッコです。




今まで使用してきた大きいサイズの物と基本的同じデザインですが、ブレードの方は大きく異なり、どちらかというと、プーッコに近い姿となっています。


刃>8cm
厚さ>約4mm
ダイヤ型のプロファイルでスカンジ・フラット・グラインド
木>ナナカマド






IWGレウクとプーッコを並べるとこんな感じに違います。プーッコ型にして、ポイントを細くしてあります。切り刃のラインはストレート部が殆ど無いのも今回取り入れた案。コハンスキのサバイバルナイフからアイディアをいただきました。



レウクの方で問題が出たループ。縛り方編み方を代えてテストしてみます。

もう一つ新案。左がレウク、右がプーッコのシース口です。ふちを一部厚く整形しました。サムプッシュというか、柄を握りながら、人差し指などでこ部分を押すと片手で抜きやすくなる様にです。レウクの方は時々両手を使わないと抜きにくいことがあったのでその対策です。




こんなかんじで、今後はレウクとプーッコの2本をフィールドテストていきます。









2013/12/17

IWGレウク-フィールドテスレポート01

元々はIWGナイフと呼んでいましたが訳ありで改名「IWGレウク」とすることにしました。

IWGのコース用に作り、学校での活動を中心に今までの約4ヶ月間フィールドテストを行ってきました。冬季のテストはまだですが、その前に一度今までのテスト結果をまとめておきたいと思います。

現在こんな感じ。だんだんと貫禄が出てきましたw


はじめてガッツリと使い込んだのはIWG2週目のフォレスト・ウィーク。一週間のキャンプでのナイフ仕事全てをこの一本でこなしました。
そして、この時のテスト目標は「どの位長切れするか」ということで、帰宅するまで研ぎやタッチアップは全くしない条件です。

行った作業内容としては>
焚きつけ作りのバトニング
フェザースティック作り
テントペグ作り
ウッドカービング少々
チョッピング少々
ロープ切り
活動中は常に腰に下げる

フェザースティックはこの写真のような感じでさくさくとほぼ毎日、勿論下地になる小割りはバトニングで。

ウッドカービングはバターナイフ作りなど、とにかく色々な樹種を相手に作業でした。

結果として、最後までタッチアップの必要性は全く感じられず。帰った後もしばらくはまったく研がずに使用し続けることが出来ました。




ただ、一つだけ問題が。キャンプ三日目あたりでベルトループが落ちる寸前にまで解れた事。皮ひも2本を撚って、ノットレスのループを作ってあったのですが、連日腰に下げ歩いているストレスに縒りが緩んでしまったようです。その場で縛って対処できましたが、気づかずにいれば紛失していたことでしょう。









第二のテストは第4週目のクッキング・ウィーク
この週は羊の解体から始まりました。解体にどの位使えるのか?を知る良い機会でした。

先ずはスキニングから。これは色々と大きなナイフの不便さが経験できました。余計な部分を切らないために刃は短いほうが良いので短く持つのですが、そのためにはIWGレウクではほぼ刃のみを握るような感じで持たなければなりません。慣れてくると問題は無いのですが、やはりこれは不便です。また、切っ先部分がとても大きくカーブしてますので、不便ではない物の、まどろっこしさを感じました。

部位の切り取りに関しては独壇場。とくに通常のプーッコでは手に負えないアバラの切断は、一振りで写真のように切り抜けました。切断後の刃の状態は、マイクロチッピングが2箇所出たのみ。この結果には大満足です。
また、解体中は常に水や血、脂肪にまみれている状態でしたが、ハンドルの加工等に異常が出ななったのも満足です。

実際の料理では、たまねぎの千切り、ジャガイモ等の野菜を切る作業を快適にこなせました。唯一どうにも困ったのが刃のポイントを使う作業。小さな穴を穿つ、突き刺す作業は他のナイフの助けが要りました。


そしてクラフトウィーク。
サバイバル状況下で便利なクラフトから、お客様を喜ばせるための一芸ハンドクラフトまで幅広く行った一週間でした。ここでもやはりポイントが問題になり、小さな穴をえぐることが出来ませんでした。それ以外の作業は全て難なくこなせるのですが。。。


で、これまでの結果としては「大成功!」のナイフです。そもそもパワーのあるナイフを求めて作った物ですので。これだけのことがこなせれば申し分なしです。問題の出たのは細かな作業を必要とする部分のみ。出来ない分野はそれを得意とするナイフに投げてしまえば良い訳ですしw

ただし、シースにはもう少し工夫が必要です。ベルトループの問題。これはループの繋ぎ方を研究する必要があります。
あともう一つ、時々片手でナイフが抜けない問題。これの原因は3つありまして、
1>手が滑って柄をしっかり掴めない。
2>レザーが湿気でナイフの柄に吸い付く。
3>1と2のコンビネーション。

レザーや仕上げを変える方法も検討中ですが(←勉強不足で手が無いだけですw)、とりあえず機械的な対応策を今試作品にてテスト中です。





2013/12/15

IWG week 7 & 8 - ロシアの大自然への旅 (ガイド日)

前回の記事でも紹介しましたが、日替わりでクラスの誰かがガイド役をします。そして6日目は私の番。地図を見るだけも予想できるように、結構タフなルートです。

地図上でたてた予定のルート。山越えが一番の難所。

この日午前は最後尾に着くガイド役。グループがはぐれない様に先頭と連絡取りながら現在地を認識し続けるのが仕事。予想に反して昇り降りが多く、この午前の部も楽な行程ではありませんでした。お昼休みのポイントについた時にはグループの数名がギブアップ気味な状態。
そこで午後は出来るだけ等高線伝いに歩き始めることに決定。

午後は私が先頭ガイドとなり、中間地点、ベアリングを変更する地点まで山腹を高度キープして歩く予定だったのでした。しかし大きな岩肌が露出した斜面を避けなければ無かったため、予定よりもだいぶ低い高度から登りを開始することに。45度の斜面をほぼ直線に数キロ上る羽目になってしまいました。
まさに這う様にして登ったその向こうは、更に登りでしたw

行程の最高地点ではすばらしい展望を満喫。疲れを忘れさせてくれました。

急な谷を一気に下ります。が、足元は浮石だらけ。ルート取り完全にまずかったです。 
くだりのルート選択は完全に失敗。足元は浮石と大岩で埋められた急なくだり。雨降りでなかったから可能だった物の、そうでなければ確実にけが人が出るような場所でした。

全員無事に下山し、キャンプ予定地へ日没前に到着・・・が、問題が浮上。予定していた水場が枯れてます。小さな流れの最上流側なので、キャンプ地を探しながら下流へ移動することに決定。湖まで約2kmなので、湖まで下りても暗くなる前にはキャンプ地見つかるだろう!と言う計算です。

しかし、地図を読み間違っていたようで、歩けど歩けどキャンプ地候補どころか湖にも出ない。あたりはどんどん暗くなるし、キャンプ地が見つからないのでは・・・グループの疲れもピーク気味、と言うプレーッシャーがかかって、出す足一歩一歩が不安に。
それでも何とか完全に暗くなる前にキャンプ地を見つけることが出来ました。
湖に到着、キャンプに適した場所をを探し始めます。

完全に暗くなるぎりぎりでチャンプ地決定となったわけですが、最終的に『お客様』はハッピー。大変な行程で予定変更などもありストレスある一日でしたが、すばらしい景色を眺めたり、登山模したりと楽しめたようです。


翌日は休憩日。朝はゆっくり、太陽の出ている間にギアメンテです。

まさに山の天気、7降ったり止んだり。気温の変化も激しかったです。

サバイバルナイフを持って来ているクラスメイトがいました!「子供の頃に買ったんだ!」と言っていました、 "Jungle King II" です。


水力発電所のバックウォータを兼ねる湖ですので大量の流木が漂着していました。







旅は終盤に入り、メインイベントのパーナ湖に立ち寄り昼食。この湖、大きすぎて対岸が見えません。
神秘的な景色で楽しませてくれたパーナ湖

湖岸の砂地には新鮮な熊の足跡。.


湖の東西を渡す唯一の橋。解る人はピンと来るかな?ロシア軍放出の野戦架橋ですw

トナカイの食べるコケ(ハナゴケ類)の絨毯が数キロ続きます。

こんな斜面を登り下り

氷河期が作り出したエスカー。この峰を上手く繋ぐ様にルート取りするのがコツ。

最終夜。この日の課題は『パーフェクトなキャンプを設営しろ!』でした。

この旅は出発から帰宅するまで、本当に多くのことを学び続けることが出来たたびでした。手持ちの知識、小技をフルに活用し、更に新しく学んだことをその場で取り入れ。それでもまだまだ学ぶことがでてくる。これほど充実した旅はそれほど多くは出会わないでしょう。
きついながらも100%楽しんだ感じです。機会があれば今度は一人で、または本当のお客様を連れて行ってみたい場所です。